MENU

スポーツと歯の関係

スポーツ選手は歯が重要とよく言われます。

 

それはどうしてでしょうか?

 

よく言われるのは、強く力を発揮する時に歯を食いしばるので、歯並びが良くないと力が出ないという説です。

 

これは一理あるようですが、私はやや疑問を持っています。

 

というのは、大きな力を発揮する瞬間に、必ずしも歯を食いしばるわけではないからです。

 

 

重量挙げや相撲といった、継続的に踏ん張る競技は食いしばるのもわかりますが、

 

ほとんどの種目は、一瞬で大きな力を発揮することが多いものです。

 

格闘技の攻撃、野球のピッチング・バッティング、サッカーのシュートやパスなど、どれもそうですね。

 

それらの競技では、踏ん張ったり食いしばったりするより、むしろ脱力するほうがパフォーマンスがあがりますので。

 

 

なので、踏ん張るための力はそんなに必要ないと思うのです。

 

 

だからといってかみ合わせが重要じゃないということではありません。

 

わたしはこれまでの競技経験から、噛み合わせやあごの形といったものが、平衡感覚を司る三半規管といった重要な頭部の体内感覚に影響すると思っています。

 

かみ合わせやあごが曲がっていたりすると、いろいろな感覚が大きくずれて、パフォーマンスが大きく低下するのではないかと思っています。

 

また、呼吸などにも影響があると思います。

 

軍人などの中では呼吸を整えるのはバイタルコントロールの基本とされています。

 

呼吸の安定感をもたらすのは、口蓋、のど、気道、肺の位置関係です。

 

これらがスムーズにいかないと、呼吸が浅くなったり、呼吸のリズムを崩して、タイミングをはずしたり、力が十分出なくなります。

 

また、悪い歯並びにより口蓋に十分なスペースができず、舌が前に押し出される癖がある人がいます。

 

この場合、唾液を飲み込む際に舌が前に押し出され、のどの動きも不自然になります。

 

歯並びや舌の癖やあごの位置を修正することで、呼吸機能が安定化し、パフォーマンスが出るようになるのです。

 

 

 

○場合によっては審美歯科の利用もあり

 

審美歯科は、自己負担で受けられる審美治療の歯科です。

 

代表的なのは歯を削ってセラミックをかぶせる施術ですね。矯正より短期間で終わるので芸能人によく利用されてます。

 

わたしは、できるだけ歯科矯正でできるものは矯正で修正したほうがよいと考えています。

 

セラミック施術は、歯の並びが悪い場合、歯の神経を抜いてしまうので、歯の寿命を大きく減らしてしまうからです。

 

また、はっきりと分かっていませんが、味やその他の感覚も大きく失うのではないかと思っています。

 

はっきりわかっていないものも含め、人体の機能は残せるだけ残したほうがよいと思うのです。

 

 

では、審美歯科を利用したほうがよいのはどういう場合かというと、

 

実際に対人関係に影響はないがコンプレックスがある場合、もしくは実際に対人関係に影響が出ている場合です。

 

なぜかというと、人はとても強い力でコンプレックスや欠点を隠そうとするからです。

 

歯が真っ黒でガタガタな人は、人前に出るときは常に口をつぐんで隠したいでしょう。

 

口元にコンプレックスや欠点があれば、笑うときにふんばって口元が露出しないようにしたり、口が開かないようにしたり、いい表情を作るのに四六時中、顔面を踏ん張ったりします。

 

すると、咬筋や、頭部や、首や肩のの筋肉が緊張しますね。まずそれが大きな悪影響です。

 

そして、最大の影響は集中力の欠如です。

 

自分の見た目に気にしている部分があれば、必ず意識のどこかがそこに張り付いて監視してます。

 

人によっては、ここ一番の場面でさえ、口元が気になって隠すように身体が動いているはずです。

 

当然ですね、そこが自分にとってのウィークポイントなのですから。

 

身体にとっては、他のことよりそちらのほうが大事なわけです。

 

常に大きなケガを抱えて試合に出ているようなものです。

 

 

ですから、そういった肉体的・精神的な重要なウィークポイントを修正しておくことが必要なのです。

 

世間では、建前や世間体があふれていますが、こういう対処のことを甘くみすぎていると思いますね。

 

東京で通えるおススメの審美歯科を紹介しておきます。 「ホワイトニング 東京

 

お店は東京・大阪・名古屋にあります。

 

施術は1日からできて、料金は全部の歯をホワイトニングして3万円で済みます。

 

矯正となると、1年〜2年とかかるので躊躇しますが、ホワイトニングは悪影響も手間も少ないので、

 

少しでも気になる人は治すことをおススメしますよ。

スポーツと歯記事一覧